お知らせ

2022/04/07

心不全の再入院予防に向けて

心不全の再入院予防に向けて

「心不全の再入院予防に向けて」

 

社会の高齢化が様々な場面で問題視されていますが心不全患者は、2030年には130万人に達すると推計されています。その大多数が65歳以上の高齢者であり、心不全に対する治療・介入が喫緊の課題です。(ホームページ抜粋)

 

時のまち訪問看護ステーションでは

「神戸心不全ネットワーク」の

関連機関として心不全手帳をご利用者様とともに

活用し、地域の医療機関と連携していきます。

 

 

https://kobe-hf.net/